着物の日 ~ 第2回 志村洋子の着物レクチャー&着物でお出かけの会【京都本店/1月18日】

Description
第2回 志村洋子の着物レクチャー&着物でお出かけの会
志村洋子の着物レクチャーと、美術館「えき」KYOTOでの
『婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」
つなぎ、つたえる「人」と「家」』の観賞会を行います。

[午前]
アトリエシムラの源流である染織家・志村洋子による着物レクチャー。
2回目となる今回は、「茶室で何をまとうか ~柔らかものと紬の話」がテーマです。
日本文化の総合芸術とも言える茶の湯の世界から見た着物とは。
そもそも、なぜ茶室では柔らかものを着るべきだという風潮になっているのか。
日頃、紬の着物を制作している志村洋子のレクチャーを通して、
着物のTPOについて原点のところからみなさまと語り合える時間になれば幸いです。

[午後]
1月2日~20日の期間で開催する、美術館「えき」KYOTOでの
『婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」
つなぎ、つたえる「人」と「家」』展に、
志村家(ふくみ・洋子・アトリエシムラ)は染織の分野で出展しています。
午後からは、志村洋子とみなさまとともにこの展覧会に赴き、
人から人へ脈々と伝えられてきた京都の工芸の世界に触れる時間を設けました。
観賞会後は場所を移動し、お茶とお菓子をいただきながら
座談会形式で1日のまとめをいたします。


開催日時:2020年1月18日(土) 10:00~16:15頃(間にお昼休憩での一時解散あり)

場所  :[午前]アトリエシムラ 京都本店 / [午後]美術館「えき」KYOTO

募集人数:10名(先着順)

参加費 :3,500円(税抜、美術館入館料・お茶とお菓子付き)

スケジュール
10:00~12:00 アトリエシムラ 京都本店にて「志村洋子の着物レクチャー」
(一度解散、お昼ご飯とジェイアール京都伊勢丹への移動は各自)
13:55 美術館「えき」KYOTO 出口付近に集合
14:00~15:00 鑑賞会
15:15~16:15 座談会(お茶とお菓子付き)
16:15 現地解散


『婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」
つなぎ、つたえる「人」と「家」』の詳細はこちら




●キャンセル規約●
お申込頂いたワークショップ開催初日の
8日前までは参加費の30%、
1週間前から当日までは100%がキャンセル料となります。
ただし当日の天候不良などの不可抗力で交通手段が無いキャンセルの場合は、
参加費から振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。

●申込み時の注意事項●
※先着順。定員になり次第締め切ります。
※10名の限定された方にご用意をいたします。必ずご参加いただける方のご応募をお待ちしております。
※天候不良などの不可抗力により、現地での開催が中止された場合のみ、返金に応じます。
※振替対応は致しかねますので、予めご了承の上、お申し込み下さい。
※指定日までに入金がない場合は、申込みは取り消されます。
※入金後にキャンセルされる場合は、所定のキャンセル料が発生します。必ずメールか電話にてご連絡ください。
※お申し込みの前に必ずワークショップ受講規約をご確認ください。

 お申込みされた方はワークショップ受講規約に同意されたものとみなします。
Sat Jan 18, 2020
10:00 AM - 4:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般チケット SOLD OUT ¥3,850
Venue Address
京都市下京区市之町251−2 壽ビルディング Japan
Organizer
atelier shimura(アトリエシムラ)
838 Followers
Attendees
10